自己破産は財産を整理して借金を帳消しにする法的措置

自己破産とは、財産を整理して借金を帳消しにする法的措置

自己破産が確定されるまでの流れ

 

債務整理の方法には、任意整理や個人再生など数種類がありますが、自己破産もその中の一つです。

 

自己破産はテレビドラマなどでも頻繁に登場する言葉なため、名前をご存知の方も多いと思いますが、その実態はあまり知られていないのが実情です。

 

簡単にいってしまうと、自己破産とは、財産を整理して借金を帳消しにする法的措置となります。
ただ、債務者が自己破産したいと考えたからといって、必ずしも適用を受けられるとは限りません。
まず、債務整理を弁護士や司法書士に相談した上で、自己破産が適当だと判断された場合のみ、この法的措置で借金を帳消しにすることができるのです。

 

債務整理を弁護士もしくは司法書士に依頼すると、債権者に対して受任通知が行われます。これは、弁護士などが債務者と債権者の間に入ったことを示す通知です。
その後、現在まで支払った返済額の再計算が行われ、債務者が返済すべき正規の残債が確定されます。そして、決定された残債を3年で支払えないと判断された場合のみ、自己破産という方法をとることができるのです。

 

自己破産を行うことが決まった場合、裁判所にその旨を申し立てることになります。
その時点から自己破産が適応されるまでに裁判所に出頭する回数は3回です。
まず申し立てを行う時、次に破産についての審問を受ける時、最後に免責についての審問を受ける際に出頭することになります。

 

三回の出頭を済ませて自己破産が確定すれば、借金は完全にゼロになります。
自己破産したという事実が勤務先等に通告されることはありませんし、本人が喋らない限りは知人や隣人に知られることもありません。
ただし、官報に自己破産者として名前が記載されますし、貸金業者が共有する信用情報にも記録が残ります。自己破産後数年間はクレジットカードを作ったり、新たな借り入れを行えなくなるということは覚えておいたほうが良いでしょう。